歯周病治療

歯周病は、口の中にいる細菌が原因となり、歯茎を腫らしたり、土台の骨を溶かしてしまう病気です。進行度をチェックする検査をした後、根のまわりに付着した歯石をとる治療(スケーリング)を行います。病状が進行している場合は、薬物療法や外科的治療を行うこともあります。また歯周病治療には、患者様ご自身による毎日のプラークコントロールが不可欠のため、ブラッシング方法の指示も丁寧に行います。

歯周病の典型的な症状

  • 朝おきがけお口の臭いが気になる。
  • 歯磨きすると出血がある。
  • 歯ぐきが赤く腫れた感じがする。

もし思い当たるようなら、歯ぐきの病気(歯周病)にかかっている可能性が高いです。

そして治療をせず放置しておくと・・・

  1. 冷たいもの、熱いものに歯がしみる。
  2. 歯がグラグラしてくる。
  3. 歯ぐきがもり上がって歯にかぶさってくる、あるいは歯ぐきが退縮して歯の根が露出してくる。
  4. ついには抜かなくてはいけなくなる。

歯周病の原因

歯周病は、虫歯同様お口の中で繁殖した細菌(プラーク)が発生する毒素により、歯の根を支えている組織(歯周組織)が破壊されていく病気です。成人の大多数が罹患していると言われています。

しかし、ある程度進行するまであまり自覚症状が出ない上、喫煙・食生活のみだれ・ストレスによる歯軋り・歯並び・かみ合わせ・唾液の分泌不足・全身的な免疫力の低下・口呼吸・糖尿病などの2次的な原因が複雑に絡み合っているため、虫歯に比べ発見が遅れがちな傾向にあります。

歯周病の進行具合

歯肉炎

歯石やプラークが原因で歯ぐきに炎症を起こし歯ぐきが赤く腫れて出血しやすくなります。

この時期であれば歯石をとって毎日規則正しい歯磨きをすれば完全によくなります。

初期歯周炎

歯ぐきの炎症が進み、歯と歯ぐきの間にある溝(歯周ポケット)が深くなり始めます。

ここに食べかすや細菌が入って炎症がさらに悪化し歯を支えている骨(歯槽骨)が溶け始めます。

中程度歯周炎

歯周ポケットから膿がでます。

レントゲンでみると歯槽骨が溶けて歯根が露出してきます。

歯石が根の先の方にまで付着して歯ぐきの数箇所に腫れがでます。

口臭もひどくなります。

重度歯周炎

歯ぐき全体に炎症が広がり絶えず膿が出て、口臭に悩まされます。

歯槽骨はますます溶けてなくなり歯はグラグラ動揺します。

ここまで進行すると保存治療は困難になり抜歯をしなければなりません。

歯周病の治療方法

検査/レントゲン検査

歯を支える歯槽骨の吸収程度を観察します。

健全な歯槽骨の状態です。
歯周病が中程度以上進行した歯槽骨の状態です。

検査/歯周ポケット検査

歯周ポケットという歯と歯ぐきの間にある溝の深さを計測します。

ポケットの深さは2mm以内が正常です。

プローブという器具を使ってポケットの深さを計測しているところです。全ての歯について各々4箇所ずつ計測します。この際、歯肉に炎症があると出血が見られます。

スケーリング

歯ぐきより上の歯の表面に付着した歯石を取り除く治療です。

多少しみたり痛みを伴いますが、ほぼ無麻酔で行えます。

キュレットスケーラーという器具で歯石除去(スケーリング)をしているところ。

超音波スケーラーでスケーリング 超音波スケーラーという器具で歯石除去(スケーリング)をしているところ。

歯周ポケット掻爬(そうは)

スケーリングでは取りきれない歯ぐきより下(歯周ポケット深部)の歯石を取り除く治療です。

痛みを伴う治療のため、麻酔を行う場合があります。

キュレットスケーラーという器具で根の周りの歯石を除去しているところ。

歯周外科手術

歯周ポケット掻爬後も歯周ポケットの深さが改善されない場合(2mm以内が正常)、外科的な処置を行う場合もあります。

一見健康な歯ぐきのようですが、歯周病による骨の欠損により5mm程度の深い歯周ポケットが見られます。

外科的に歯ぐきを開き、根の周りにこびりついた歯石を除去したり、炎症のある歯ぐきを切除します。

切開した歯ぐきを縫合したところ。

歯ぐきの高さは低くなったものの、現状の骨の高さに調和した健康な歯ぐきに治癒したところ。歯周ポケットの深さは2mmと浅くなりました。

以上歯周病の治療法について述べてきましたが、歯周病を改善するために最も大切なことは患者さん自身による日常のプラークコントロール(歯磨き)です。

つまり、医院における治療と患者さん自身のプラークコントロールの2つのことがどちらか一方でも欠けてしまうと治癒は望めません。

また原因の説明で述べた通り、2次的な原因(かみ合わせや全身疾患など)がある場合はそちらの改善も必要になります。

歯周病は重症になればなるほど治療が困難で長期にわたるものになりますので、定期的な検査が非常に重要と言えます。(定期検査の期間は進行度によって異なりますが、3ヶ月?6ヶ月が理想的です。)

大和駅の歯科医院、裕デンタルクリニックでは神奈川県大和市のみなさまに最新の歯科医療機器を用いた専門的な歯科治療を行っています。