矯正歯科

自分の歯並びでお悩みの方へ

歯並びのお悩みは、これ以上にたくさんある方が多いのではないでしょうか。 見た目にお悩みの方は少なくありません。

また、歯並びは見た目だけでなく、虫歯や歯周病の原因になったり、顎や顔の成長を妨げたりと影響が多くあることも言われています。

裕デンタルクリニックでは、歯に関するお悩みをお抱えの地域の皆様に解決できるよう、矯正医の先生と連携をして治療を行っています。

矯正医の林先生については、毎月500人以上の患者様の矯正治療を担当しています。矯正治療はご自身の歯で審美的で機能的な歯並びを獲得できる唯一の方法でもあります。 お気軽にご相談ください。

担当医のご紹介

医学博士 林 隆之

  • 東京女子医科大学 第一生理学 在籍
  • 日本矯正歯科学会認定医
  • 日本顎咬合学会認定医
  • 内閣総理大臣認可 公益社団法人日本歯科先端技術研究所 インプラントフェロー
  • 医療法人社団 隼美会 理事長
  • 歯科・矯正歯科 林歯科室 院長

矯正治療を始める時期

小児矯正(主に小学校低学年 第Ⅰ期)

小児矯正とは永久歯列に変化する前の段階において、“なるべく良い環境にする”という環境づくりの矯正治療です。特に骨格的な顎の不正のある方はこの時期に治療を開始しないと、骨格的な不正は治せない場合があります。この小児矯正では、骨格的不正と前歯の歯列も矯正致しますので、前歯の歯並びを気にされている方も治療の効果が期待できます。また、小児矯正から管理をすることにより、成人矯正において、なるべく歯を抜かないで治療をできる場合もあります。

小児矯正で環境をつくり、成人矯正で仕上げをすることが矯正治療の理想のかたちです。

成人矯正(永久歯が生えそろった後 第Ⅱ期)

永久歯列に対して行う矯正治療で、生涯お使い頂く歯並びを構築する本格的な矯正治療です。成人矯正といっても、お子様でも永久歯列であれば成人矯正になります。骨格的不正のない方であれば小児矯正をしないで成人矯正から始めることも可能です。

(始められる時期や環境の変化で治療方法が変わる場合があります。)

部分矯正(限られた部位を条件付きで矯正)

ご主訴である一部を治療することが可能な場合。補綴処置の前処置の為や・歯周病による歯列不正を治療します。治療の限界や条件つきになりますので、一般的なものではありません。

矯正治療は痛いというイメージがありますが、現在は形状記憶合金のワイヤーがあり、始めは0.5mm位の太さです。とても柔らかいため、昔のような痛みはありません。

矯正装置について

取り外しが出来る装置

マウスピース矯正

取り外しが可能な透明のマウスピースのような矯正装置を用います。

機能的顎矯正装置

「かむ」という機能を利用して受け口や出っ歯の顎のズレを改善します。小学生くらいの時期に用います。

ヘッドギア

上あごの成長をコントロールします。出っ歯の治療に用います。

成人症例でも歯の固定源として使用する場合もあります。

フェイシャルマスク

上あごが発達していない受け口の治療に用います。

固定式の装置

セラミックブラケット

セラミックブラケット(審美ワイヤー)

リンガル(舌側)ブラケット (歯の裏側に装着します)

メタルブラケット

保定装置(リテーナー)

般的なタイプ

マウスピース

矯正治療の流れ

初期相談

患者様のお悩み、ご希望等をお聞きした上、お口の中を拝見し、治療開始時期、おおよその費用などについて、ご説明致します。

小さなお子様は歯の生え代わりや、顎の発達なども考え、適切な開始時期をお知らせいたします。

精密検査

診断に必要な頭蓋全体のレントゲン、歯列の模型、歯の写真などの資料をとります。

矯正診断

精密検査の結果をもとに、治療方針ならびに治療期間、矯正料金などの説明をします。

診断の際にも、様々な患者様の質問を伺って、十分なご理解・ご納得いただける様にご説明致します。治療はあくまでも、患者様のご希望によりスタート致します。

治療開始

矯正治療は、動的治療と静的治療(保定)の二段階に分かれています。(治療期間は、小児矯正と成人矯正で異なります)

動的治療(1~2年)

矯正装置を装着して歯の動きを見ながらワイヤーの太さを変える等の処置をし、段階的に治療を進めます。装置の装着後は3~4週間ごとに通院します。

静的治療(1年以上)

歯の移動を終えた後、暫くの間は歯が元に戻ろうとする性質があります。これを防ぐために、動的治療後はかみ合わせが安定するまで保定想定を使い、移動した歯をしっかり安定させます。保定装置は取り外しできますので、食事の時などは外します。

矯正治療

小児矯正(主に小学校低学年)

小児矯正とは永久歯列に変化する前の段階において、なるべく良い環境にするという環境づくりの矯正治療です。特に骨格的な顎の不正のある方はこの時期に治療を開始しないと、骨格的な不正は外せない場合があります。この小児矯正では骨格的不正と前歯の歯列も矯正致しますので、前歯の歯並びを気にされている方も治療の効果が期待できます。また、小児矯正から管理をすることにより、成人矯正において、なるべく歯を抜かないで治療をできる場合があります。小児矯正で環境をつくり、成人矯正で仕上げをするいことが今日治療の理想のかたちです。

成人矯正(小学校4年生移以降~年齢制限なし

永久歯列に対して行う矯正治療で、生涯お使い頂く歯並びを構築する本格的な矯正治療です。成人矯正といっても、お子様でも永久歯列であれば成人矯正になります。骨格的不正のない方であれば小児矯正をしないで成人矯正から始めることも可能です。

(始められる時期や環境の変化で治療方法が変わる場合があります)

部分矯正(限られた部位を条件つきで矯正します)

ご主訴である一部を治療することが可能な場合。補綴処置の前処置の為や、歯周病による歯列不正を治療します。治療の限界や条件つきになりますので、一般的なものではありません。

大和駅の歯科医院、裕デンタルクリニックでは神奈川県大和市のみなさまに最新の歯科医療機器を用いた専門的な歯科治療を行っています。