担当制の歯科衛生士による丁寧な予防歯科

  • 「歯がグラグラする」
  • 「歯ぐきが2、3日前から急に腫れて痛くなってきた」
  • 「歯ブラシをしたときに歯ぐきから血が出る」
  • 「歯がグラグラして、前歯にすき間が空いてしまった」
  • 「口臭がある」

このような主訴で来院された方の大半が歯周病です

一般的にはあまり認知されていないのが現状ですが、歯周病は実は非常に恐ろしい病気なのです。この恐ろしい歯周病は誰にでも忍び寄る可能性のある魔の手であり、その歯周病からいかに抜け出すかというのは非常に重要なことなのです。

歯周病治療のお話をする前に、先ず、今の日本の現状をお話させてください。

「年を取ったら歯は悪くなって当たり前だ」と思ってらっしゃる方がたくさん、いらっしゃいます。悲しいですが、今の日本の現状ではその通りです。現在、80歳の方の平均残存指数はたったの6.8本(厚生省調べ)しかありません。通常、人間のお口の中には28本の歯がありますから、約4分の1しか残ってないのです。

アメリカであれば85歳のときに平均15.8本、スウェーデンであれば75歳で平均19.5本の平均残存歯数となっています(サンスター調べ)。

なぜ、こんなに大きな差がついてしまったのでしょうか?

その答えが3~6ヶ月に1回、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることなのです

欧米では、治療ではなく、このメンテナンスに力を入れたことによって、国民の平均残存歯数が飛躍的に向上したのです。

日本でも、熊谷崇先生の調査によると、以下のグラフのようにメンテナンスをしっかり受けた方と受けなかった方とでは80歳になったときに約9本もの差がついているのです。皆さんは、80歳になったときに、何本、歯を残していたいですか?


多くの方が、虫歯が原因で歯が抜けてしまうと思っています。

しかし、現実はそうではありません。

左図のように46歳~55歳の方で、歯が抜ける原因の約半分が歯周病なのです

皆さん、歯周病ってどんな病気だかご存知ですか?

そもそも、歯というのは何によって、支えられているでしょうか?

多くの方は「歯ぐき」と答えます。

しかし、実際には違います。実際には、歯は歯槽骨(しそうこつ)という骨によって支えられているのです。

この歯槽骨が溶けてしまう病気が歯周病なのです。歯を支えている骨がなくなってしまうと、歯は支えを失って抜けてしまうのです。

この溶けてしまった歯槽骨は元に戻るでしょうか?

これは、元に戻りません!!歯の表面であれば、悪いところを削ってつめて、かぶせ物をすることで補うことができますが、歯茎の下にある歯槽骨を削って詰めることはできないのです。

ということは、歯周病は進行を食い止めることはできるのですが、治すことはできないのです。しかも!恐ろしいことに歯周病は痛みが無く、進行します


痛みが無く進行する歯周病になると、歯の表面は虫歯じゃないんだけど、歯ぐきの下で歯周病が進行し、虫歯になって久しぶりに歯医者に行ってみたら歯周病が進行していたということが多いのです。

自覚症状が無い歯周病を予防していくためにも、3~6ヶ月に1度の定期的なメンテナンスが欠かせないのです

現在、日本の成人の約80%が上記の歯周病の何らかの段階に入ると言われております。ちなみに、歯周病が進行してしまうと、インプラントでの歯を復活させるということも難しくなります。

歯周病の直接の原因はプラーク(歯垢)です。もっと正確に言うとプラークの中にいる細菌が原因なのです。

プラーク(歯垢)は歯の表面にたまった白いネバネバした物のことです。食べカスのように見えますが実際はお口の中にいる細菌がたまってできた巣のようなものです。そして、プラークが固まったものが歯石です!!

歯ブラシのしにくい歯と歯茎の間にたまってしまったプラークの中にいる細菌が歯肉の中に入り込もうとすると、体の防御反応が起こり、その結果として歯内に炎症(腫れ)が起こったり、歯槽骨が破壊(溶け出したり)されたりということが起こります

ですから歯周病の治療には、

  1. 歯石をとることが治療の基本!
  2. 歯ブラシがとても大切!!

です。

歯周病の治療は1にも2にも、歯についた歯石を除去することです。歯石というのは表面がザラザラしています。

一方、自分の歯は表面がツルツルです。

どちらが汚れがたくさんつくでしょうか?

当たり前ですが、歯石がついているほうが汚れ(細菌)がつきやすくなります。

汚れがつきやすいと、歯周病が進行してしまいます

先ほども申し上げたように、歯周病は進行を食い止めることが全てです。

そのためには、この汚れをつきやすくさせる原因である歯石を取り除かなければならないのです

次に大切なのは、ご自分のブラッシング、歯磨きです。

なんだよ、歯ブラシかよ!そんなのは俺でもやってるよ」と思われる方が多いようです。

たかが歯ブラシ、されど歯ブラシなのです

歯ブラシは誰でもできます。

しかし、正しい歯ブラシができている方はほとんどいません

正しくない歯ブラシはキレイにできていないお掃除と同じです

いつも掃除はしているんだけど、いつもキレイになっていないところがある

そういう場所はどうなってしまうでしょうか?

1年、2年、3年、10年、20年、キレイにできずに毎日少しずつですが、汚れが蓄積していったらどうなるでしょうか?

又、歯周病菌が出す毒素も歯槽骨の破壊を引き起こします。

歯肉が腫れたり、歯槽骨が破壊されると、歯と歯茎の間の溝が深くなり、歯周ポケットを作ります。そしてこの溝の深いところにまでプラークが侵入して、歯の表面にたまり歯石になるのです。

さらに最近では、お口の中に繁殖した歯周病菌が歯や歯ぐきだけの問題でなく全身の健康にも影響を与えていることが話題になっています。

血管に入り込んだ菌が全身に運ばれ血管を詰まらせることにより脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしたり、糖尿病の症状を悪化させたりすることが明らかになっています。

高齢者に多い誤嚥性肺炎は唾液の中の歯周病菌を誤嚥することにより発症すると言われています。つまり、定期的なメンテナンス(口腔ケア)を行いお口の中の歯周病菌の数を継続的に少なく保つことは全身の健康維持のためにも大変重要なことなのです

ここまでのお話でいかに定期的かつ継続的なメンテナンスが重要かご理解頂けたと思います。では実際の裕デンタルクリニックでのメンテナンスがどのようなものか説明させて頂きます。

通常、むし歯や歯周病などの歯科治療が終了後定期的なメンテナンスに移行して行きます。メンテナンスの期間は患者さんのお口の中の状態により3か月~6か月に1回です。


裕デンタルクリニックの予防歯科の特徴
~こだわり~

カウンセリング・説明ツールを利用した丁寧なご説明

裕デンタルクリニックでは、しっかりとしたご説明で患者様に合わせたご対応を心がけています。

また、ご説明の際に口頭のみだと分からない部分も多くあるかと思います。

そのため、お口の状態を分かりやすく、視覚的にお伝えできるよう説明ツールを用いてご説明を行っております。

と患者様からお声をいただいております。


新しい虫歯検査器ダイアグノカムを使って虫歯チェックを行います。 ダイアグノカムはわざわざレントゲンを撮ることなく歯の間や詰め物の裏側の見た目では確認しづらい初期の虫歯を発見できます。 定期口腔ケアでは被ばくの問題があるため毎回レントゲンを撮影するわけにはいきません。 レントゲンを撮らなくてもダイアグノカムでチェックすることにより見た目では分からない初期虫歯の見落としを限りなく少なくすることができます。 X線被ばくのリスクがないため妊婦の患者さんにも安心して使用できます。


位相差顕微鏡を使い、患者さんのお口から採取し(プラーク)を拡大して歯周病菌の数を診査します。


むし歯のチェック、歯周病検査として全ての歯の歯周ポケット検査を行います。検査結果を担当歯科衛生士がご説明します。

歯石の除去、歯の表面のクリーニングを行います。

仕上げにむし歯予防のフッ素を歯面に塗ります。

 

磨き残しのあったところや歯周ポケットの深いところを効率よく的確に磨く方法を担当衛生士がアドバイス致します。


                     

最後に検査結果、歯磨きのアドバイスを書面にして患者さんにお渡しします。

所要時間は30分~60分です。

また治療費はすべて健康保険の適用になります。

歯周病治療について詳しくはこちらをクリック

よくあるご質問

Q、予防歯科とはどういった歯科治療ですか?

A、虫歯や歯周病になるのを防ぐために行う診療です。

予防歯科とは、痛くなってから歯科医院に行くのではなく、定期的な歯のクリーニングで痛くなる前に早期発見・早期治療を行う為の治療です。

Q、予防歯科ではどんなことを行いますか?

A、

①お口の状態をチェック:歯周ポケットの深さを測り、歯周病の進行度、歯茎の炎症の有無を検査します。

②歯石の除去:お家のケアだけでは、どうしても磨き残しができてしまいます。歯科衛生士が超音波スケーラーなどを使い、歯の表面や歯ぐきの中に付着している歯石、歯垢(プラーク)を取り除きます。

③歯の表面を磨く:バイオフィルムを除去し、歯の表面をツルツルに磨き上げます。コーヒー、茶渋による着色も落としていきます。

④歯磨き指導:苦手なところ、磨き残しのあるところをどのように磨くとより良くなるのかのアドバイスを行います。歯間ブラシ、糸ようじ(フロス)の使い方もお伝えしていきます。

Q.歯周病は何歳くらいから起こりますか?

A.歯周病は、20代くらいから徐々に発症していく場合が多いといわれています。

20代では約2~3割、高齢者になると5?6割に増加します。

また、子どもは唾液の量が多く、免疫力が強いため、歯周病になることは稀ですが、小さなお子さんの場合は歯周病の全段階の「歯肉炎」になることがあります。

Q.歯周病はプラークが原因となるようですが、プラークとはなんですか?

A.プラークとは細菌のかたまりで、歯の表面に付着している、白色、または黄白色のネバネバした物質です。

食べカスと思っている人もいますが、まったくの別物です。

歯ブラシが上手くできないとそのプラークが歯の表面でどんどん増えていき、歯周病が進行してしまいます。

Q.口臭が気になるのですが、歯周病でしょうか?

A.口臭はの原因はいくつかあります。

起床直後や空腹時などの生理的口臭、飲食物や嗜好品による口臭、ストレスによる口臭などあります。

口臭の原因となる主な病気には、歯周病だけでなく、虫歯、口腔がん、鼻やのどの病気、呼吸器系や消化器系の病気などがあります。

Q.歯周病はどのように予防しますか?

A. 歯周病予防の基本は歯垢がつかないように・・・

ご自身で歯ブラシや補助用具(糸ようじや歯間ブラシ)での口腔清掃や定期的な歯科医院での専門的な清掃、歯石除去が有効です。

また重度の歯周病の場合は歯ぐきの手術が必要なこともあります。

Q.自分が歯周病かどうか、どうすれば分かりますか?

A.歯周病にはいくつかの特徴があります。

  1. 歯ぐきの色が赤っぽい、もしくは紫がかっている
  2. 歯磨きなどで、歯ぐきから血が出る
  3. 歯ぐきが腫れて盛り上がっている
  4. 歯が長くなったような気がする
  5. 朝起きた時、口の中がネバネバする
  6. 口臭が気になる
  7. 歯がグラグラする

などがあります。このような症状がある場合は、ご来院していただき、歯周病検査を受けていただければ歯周病かどうか確認できます。

Q.歯周病と判断されたら、どうすればいいですか?

A.歯科医院での専門的な歯周病治療、クリーニングとご自宅での口腔清掃で歯周病を治していきます。

場合によっては外科的な治療を行う場合もあります。

Q.歯周病予防の効果的な方法はありますか?

A.歯周病予防に一番大切なことは、「正しく歯磨きをすること」です。

歯周病の原因であるプラークは、歯磨きでないと落とせません。ただ歯磨きをすればよいのではなく、しっかりと汚れを落とすことを意識して歯磨きを行う事が大切です。

大和駅の歯科医院、裕デンタルクリニックでは神奈川県大和市のみなさまに最新の歯科医療機器を用いた専門的な歯科治療を行っています。