月別アーカイブ: 2020年8月

サージカルガイド

以前のブログでもお話しましたが、現在歯科治療にデジタル技術の応用が急速に進んでいます。当院でもこのデジタル化の波に乗り遅れない様にいろいろなデジタル器材を導入して積極的に取り組んでおります。

インプラント手術にもデジタル技術を用いることにより安全で正確な治療が可能になります。

治療計画を立てる際、従来のレントゲン写真だけでなくCTと口腔内スキャナーという器械を使って患者さんのデジタル情報をとります。

CTのDICOMデータと口腔内スキャナーのSTLデータをインプラントプランニングソフト上で重ね合わせを行い、骨の解剖学的形態と最終的に作りたい理想的な歯の形態を考慮してインプラントを埋入する位置を決定します。

さらにデジタルデータより決定したインプラントポジションを正確に付与したサージカルガイドというマウスピースの製作を行います。

手術時にこのサージカルガイドを口腔内に装置することにより、プランニングソフトでシュミレーションした位置に安全かつ正確にインプラントを埋入することができます。

これまで歯科医の技術や経験にに大きく依存していたインプラント埋入手術を客観的なデジタルデータに基づいて行えるようになったわけです。

インプラント治療におけるデジタル技術は手術のステップに留まらず、最終的なセラミッククラウンの製作にも応用されます。

デジタルテクノロジーの進化は非常に早いので、これからも常に新しい情報や技術をアップデートして当院を受診する患者さんに、より安全に快適にインプラント治療を受けていただけるように努めていきたいと考えています。