TRIOS オーラルスキャナ

患者さんの負担を大幅に減らす3D口腔内カメラ

印象の負担を軽減し、チェアタイムを短く

歯型を取る時に「印象」と呼ばれる柔らかい素材を使用したことがある人も多いのではないかと思います。

近年の印象は不快感が少なくなってきたとはいえ、抵抗のある方も多いのではないでしょうか。

今回当院に導入したTRIOS オーラルスキャナは小さな口腔内カメラでフルカラー、3Dで撮影する事が出来ます。

これはで口腔内を高解像度でスキャンし、コンピュータで立体的に解析する事で印象で採取した歯型と同じかそれ以上の治療を行う事が出来る「デジタル印象採得装置」です。

この装置により、歯型を取る時の不快な気持ちを軽減し、歯型の採取までのお時間を大幅に作成する事が可能で快適な治療をより推進する事が可能になりました。

CAD (コンピューターでデザイン)

リアルカラー技術によりリアルな色調で再現されたデータをソフトウェアにインポートし コンピューターで被せ物や詰め物をデザインする

CAM (加工ロボットによる製作)

加工ロボットにデザインデータを転送し被せ物・詰め物を自動的に製作する。 これにより従来の方法と比べて材料費・人件費の大幅なコストカットが可能になりました。

ジルコニア:かみ合わせが強い方、ブリッジの方に使用出来る

ジルコニアは「人工ダイヤモンド」とも呼ばれ、セラミックのなかでも一番優れた審美性・耐久性を誇ります。 金属アレルギーの方でも安心して使用できます。

シェード測定機能を利用した高精度な「歯の色を測定」

被せ物や詰め物など、自然の歯の色に近づけるために一般的にはシェードと呼ばれる「歯の色見本」を使用して目視で作成しますが、このTRIOS オーラルスキャナのシェード機能を利用する事でコンピュータが正確な色を算出し、被せ物や詰め物などの制作に素早く正確な情報を得ることが出来ます。

担当者の目や光の当たり具合という不可抗力に影響されずにいつも正確な数値として歯の色を算出出来る為に仕上がりの歯の色は事前のシュミレーション通りになりますので、早く安心して満足度の高い治療を行う事が出来ます。

オールセラミックスブリッジ(当院における症例)

欠損した部分の前後の歯に白い土台のファイバーコアーを装着したところ。

高解像度のカメラで「口腔内カメラ」として

高感度のカメラを搭載しているため、治療患部だけでなくお口の中全体の経過観察の為に撮影する画像撮影用のカメラとしても活用できます。

歯の面にある小さなヒビや見えづらい場所のむし歯など高解像度でないと見ることが出来ない場所を正確に把握、記録する事が可能です。

大和駅の歯科医院、裕デンタルクリニックでは神奈川県大和市のみなさまに最新の歯科医療機器を用いた専門的な歯科治療を行っています。