歯周病の治療方法

検査/レントゲン検査

歯を支える歯槽骨の吸収程度を観察します。

健全な歯槽骨の状態です。
歯周病が中程度以上進行した歯槽骨の状態です。

検査/歯周ポケット検査

歯周ポケットという歯と歯ぐきの間にある溝の深さを計測します。

ポケットの深さは2mm以内が正常です。

プローブという器具を使ってポケットの深さを計測しているところです。全ての歯について各々4箇所ずつ計測します。この際、歯肉に炎症があると出血が見られます。

スケーリング

歯ぐきより上の歯の表面に付着した歯石を取り除く治療です。

多少しみたり痛みを伴いますが、ほぼ無麻酔で行えます。

キュレットスケーラーという器具で歯石除去(スケーリング)をしているところ。

超音波スケーラーでスケーリング 超音波スケーラーという器具で歯石除去(スケーリング)をしているところ。

歯周ポケット掻爬(そうは)

スケーリングでは取りきれない歯ぐきより下(歯周ポケット深部)の歯石を取り除く治療です。

痛みを伴う治療のため、麻酔を行う場合があります。

キュレットスケーラーという器具で根の周りの歯石を除去しているところ。

歯周外科手術

歯周ポケット掻爬後も歯周ポケットの深さが改善されない場合(2mm以内が正常)、外科的な処置を行う場合もあります。

一見健康な歯ぐきのようですが、歯周病による骨の欠損により5mm程度の深い歯周ポケットが見られます。

外科的に歯ぐきを開き、根の周りにこびりついた歯石を除去したり、炎症のある歯ぐきを切除します。

切開した歯ぐきを縫合したところ。

歯ぐきの高さは低くなったものの、現状の骨の高さに調和した健康な歯ぐきに治癒したところ。歯周ポケットの深さは2mmと浅くなりました。

以上歯周病の治療法について述べてきましたが、歯周病を改善するために最も大切なことは患者さん自身による日常のプラークコントロール(歯磨き)です。

つまり、医院における治療と患者さん自身のプラークコントロールの2つのことがどちらか一方でも欠けてしまうと治癒は望めません。

また原因の説明で述べた通り、2次的な原因(かみ合わせや全身疾患など)がある場合はそちらの改善も必要になります。

歯周病は重症になればなるほど治療が困難で長期にわたるものになりますので、定期的な検査が非常に重要と言えます。(定期検査の期間は進行度によって異なりますが、3ヶ月〜6ヶ月が理想的です。)

大和駅の歯科医院、裕デンタルクリニックでは神奈川県大和市のみなさまに最新の歯科医療機器を用いた専門的な歯科治療を行っています。