歯周病の進行具合

歯肉炎

歯石やプラークが原因で歯ぐきに炎症を起こし歯ぐきが赤く腫れて出血しやすくなります。

この時期であれば歯石をとって毎日規則正しい歯磨きをすれば完全によくなります。

初期歯周炎

歯ぐきの炎症が進み、歯と歯ぐきの間にある溝(歯周ポケット)が深くなり始めます。

ここに食べかすや細菌が入って炎症がさらに悪化し歯を支えている骨(歯槽骨)が溶け始めます。

中程度歯周炎

歯周ポケットから膿がでます。

レントゲンでみると歯槽骨が溶けて歯根が露出してきます。

歯石が根の先の方にまで付着して歯ぐきの数箇所に腫れがでます。

口臭もひどくなります。

重度歯周炎

歯ぐき全体に炎症が広がり絶えず膿が出て、口臭に悩まされます。

歯槽骨はますます溶けてなくなり歯はグラグラ動揺します。

ここまで進行すると保存治療は困難になり抜歯をしなければなりません。