歯根の治療

虫歯が神経にまで達してしまい炎症を起こしてしまった場合、神経を取り除き根の中を消毒し防腐剤で密封する治療(歯根治療)が必要になります。

また過去にすでに神経を抜いた歯でも根の先にうみの袋ができてしまった場合、再度根の治療が必要になります。

虫歯で痛んだ神経の管を通って細菌が根の先に膿の袋を作っています。

よごれた神経の管を器具で清掃し、清潔な状態にしていきます。

この治療は、数回かかります。

完全に神経の管を消毒したら防腐剤(樹脂)で密封します。

これで歯根治療は完了です。

根の治療は回数がかかり文字通り根気のいる治療ですが、建築に例えると基礎工事的な段階の治療ですので大変大事な治療といえます。

またこの治療期間中、歯が痛んだり歯ぐきが腫れたりすることがありますが異常ではありません。

症状によっては鎮痛剤や抗生剤をお飲みいただくこともあります。根の治療に関してはすべて健康保険が適用になります。

大和駅の歯科医院、裕デンタルクリニックでは神奈川県大和市のみなさまに最新の歯科医療機器を用いた専門的な歯科治療を行っています。