インレー・クラウン

欠損が一定以上大きくなってしまったものや、小さくてもかみ合わせで強い圧力のかかる場所である場合は、穴の形を削り整え、型取りし、模型上で製作した人工物をつめたり被せたりする必要があります。

専門的には部分的なつめ物をインレー、全部の被せ物をクラウンといいます。

現在、これらの人工材料は科学の進歩にともない、さまざまな種類が開発されており、各々の材料には特徴があります。実際に虫歯の治療を行う場合には、どの材料を使用するのか、患者さんご本人に選択していただくことになります。

次画面では、当院で取り扱っている材料の特徴や治療費をまとめてみましたので、参考にしていただきたいと思います。

インレー

クラウン