入れ歯治療

部分入れ歯

失った歯の数が多く、固定式の方法(ブリッジ)で補うのが難しい場合、取り外し式の入れ歯で欠損部分を補うことになります。入れ歯には色々な種類があります。

奥歯を含めて複数の歯を失った場合、人工の歯を固定するために金属のバネなどで健康な歯に固定する方法です。

長所

  • ブリッジのように残っている歯をたくさん削る必要がない。

短所

  • 取り外し式のため安定感が悪く、咬みづらい。
  • 金属のバネをかける健康な歯に負担がかかる。
  • 違和感が強い。
  • 金属のバネが見えて見栄えが良くない。
  • 金属のバネや床のすき間に食べ物が詰まりやすい。

部分入れ歯は残っている歯の数や位置、また使用する材料によって色々な種類があります。

部分入れ歯の種類

1. レジン床義歯

人工樹脂(レジン)の床の入れ歯です。

健康保険が適用になるため治療費が経済的です。

しかし、床が厚いため違和感が強い、ゆがむため咬みづらいなどの面があります。

2. 金属床義歯

薄い板状の金属のフレームを使った入れ歯です。

床が薄く、ゆがみが少ないため安定感が良く咬みやすい特徴があります。

しかし自費治療となります。100,000円~300,000円(消費税別)

3. 磁性アタッチメント義歯

残っている歯の中に金属板を、入れ歯の内面にマグネットを装着し、磁力によって入れ歯を安定させる方法です。

残っている歯が少ない場合や弱っている場合に適しています。

金属のバネを使わないため見栄えが良いのが特徴です。

ただし、自費治療となります。

総入れ歯の料金に加えて、磁性アタッチメント装置一つにつき60,000円(消費税別)

左/ノンクラスプ義歯

右/通常の義歯

4. ノンクラスプデンチャー

金属のバネ(クラスプ)を使わない義歯です。

床が薄く、バネがないので違和感が少なく、見栄えが良いのが特徴です。金属アレルギーの心配もありません。ただし、自費治療にとなります

100,000円~200,000円(消費税別)

総入れ歯

全ての歯を失った場合、人工の歯(入れ歯)を歯ぐき全体にかぶせる方法です。

全ての歯を失った場合、人工の歯(入れ歯)を歯ぐき全体にかぶせる方法です。

総入れ歯は固定する歯がないため

  • 安定感が悪く、ぐらついたり、ずれたりする。
  • 硬い物が咬みづらい。
  • 味がわかりづらい。
  • 食べ物が間にはさまり痛い。

などの問題点があります。なるべく使いやすい入れ歯にするためには、時間をかけて根気強く調整をする事や定期的に裏打ちの修理をすることが必要です。

総入れ歯には2種類あります。

総入れ歯の種類

1. レジン床義歯

人工樹脂(レジン)の床の入れ歯です。

健康保険が適用になるため治療費が経済的です。

しかし、床が厚いため違和感が強い、ゆがむため咬みづらいなどの面があります。

左/ノンクラスプ義歯

右/通常の義歯

2. 金属床義歯

薄い板状の金属のフレームを使った入れ歯です。

床が薄く、ゆがみが少ないため安定感が良く咬みやすい特徴があります。

しかし自費治療となります。200,000円~300,000円(消費税別)

大和駅の歯科医院、裕デンタルクリニックでは神奈川県大和市のみなさまに最新の歯科医療機器を用いた専門的な歯科治療を行っています。