衛生的な治療環境で安心安全な治療を提供する

2014年に国立感染症研究所の調査で歯科治療に用いられるタービンハンドピース(歯を削る器具の先端部分)の滅菌が不十分な場合院内感染の原因となる危険性があるとの報告があり話題になりました。

また近年歯科ユニットの給水管内に形成される「バイオフィルムによる汚染」が注目されるようになりました。これは治療中にユニットから出る水の中にばい菌が繁殖している可能性があるということです

ただでさえ歯科治療は怖くて気が進まないのにさらに院内感染の危険性があるなんて本当にショックな話ですよね。

これらの歯科診療に関わる衛生的問題に対し裕デンタルクリニックでは使用する治療器具の消毒・滅菌に細心の注意を払っております。

患者さまごとに滅菌した器具を使用するのはもちろん治療ユニットから出る水(歯を削ったり歯石を除去する際にお口の中に入る水やうがいの水)はすべて殺菌水を使用し院内感染の防止に努めています


オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)

治療器具はオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)により滅菌しています。


ウォーターライン除菌装置(ポセイドン)

歯科ユニットウォーターライン除菌装置(ポセイドン)を設置し治療に使用するすべての水に殺菌性の高い殺菌水を使用しております。


オイルライザー

タービンハンドピース(歯を削る器具の先端部分)を患者さまごとにオイルライザーにより高温殺菌しています。

大和駅の歯科医院、裕デンタルクリニックでは神奈川県大和市のみなさまに最新の歯科医療機器を用いた専門的な歯科治療を行っています。