虫歯のメカニズム

こんにちは、歯科衛生士の岡本です。

今回は虫歯のメカニズムについてお話ししたいと思います。毎日歯磨きをしっかり行っていても虫歯が出来て、治療に通う人は少なくないと思います。まず、虫歯が出来る原因を知って予防に繋げていきましょう。

まず虫歯とは、口の中にいる細菌が、糖分を餌にして作りだした酸によって、歯が溶かされる病気です。「虫歯」の原因菌として「ミュータンス菌」という細菌が口の中に存在します。

ミュータンス菌は、私達が食事やおやつなどで摂取する食べ物や飲み物に含まれる糖分を栄養にして増殖し、その際に菌の周囲にネバネバのグルカンというノリのような物質を作り出します。このネバネバ物質により菌は歯に強力に付着して、そこでたくさんの細菌の集合体が形成されます。これが増えて歯の表面の白くこびりついた汚れが歯垢(プラーク)です。

また、ミュータンス菌は同時に酸も作り出します。すると歯垢の中は酸性になり、接触している歯の表面から、歯の成分であるカルシウムやリンが溶け出してしまいます。この歯が溶ける状態が続くと、ついには穴があいてしまい、いわゆる「虫歯」ができてしまいます。

ミュータンス菌はほとんどの人の口の中にいる細菌ですが、口の中で増やさないようにすること、酸をつくりにくい生活習慣をすることで、虫歯は十分に予防のできる病気なのです。

”虫歯の進行”

口の中では、歯から歯の成分であるミネラルが溶け出す「脱灰」と、溶け出したミネラルが歯に再沈着する「再石灰化」が常に起こっています。しかし、歯垢(プラーク)が残ったままだと脱灰が進行して、歯の表面のエナメル質がスカスカの状態になり、やがて穴が開いてしまいます。まだ歯に穴の開く前の初期段階(初期虫歯)であれば、再石灰化の働きで健康な状態に戻る可能性がありますが、いったん歯に穴があいてしまうと虫歯の進行に従って歯の崩壊が進み、治療も困難になってしまいます。

“再石灰化の促進”

再石灰化とは歯を守るメカニズムで、初期の軽度な虫歯を治す為に必要な役割です。

再石灰化は、脱灰で溶かされた歯の表面を、唾液の成分であるカルシウムやリンでエナメル質の結晶を新しく形成し修復するという現象です。人間は脱灰と再石灰化のサイクルを繰り返していますが、酸性の時間が長ければ長いほど、再石灰化が追いつかず虫歯は進行します。よく、ダラダラ食べると虫歯になりやすいと言われますが、再石灰化の時間が取れなくなるからなのです。再石灰化を促進する為には「間食をしない」間食を取る際は、時間を決めて食べること、そして間食した後は、歯磨きをすることが大切です。

再石灰化の働きに重要な役割をするのが「唾液」です。唾液の成分の99.5%は水で残りの0.5%は、酵素や免疫成分の有機成分と、ナトリウム・カリウム・炭酸水素・無機リン・カルシウムといった無機成分からできていて、再石灰化の働きに必要な成分が含まれており、その成分を口腔内に行き渡らせる働きがあるのです。よって、食べたあと口腔内が酸性になってしまってるの状態をアルカリ性に戻してくれる役割を果たしています。

虫歯になりやすい箇所は、歯の溝や歯と歯の間など唾液が入りにくい箇所に集中していますが、汚れが溜まりやすく唾液が行き渡りにくいのが原因とも言われてます。起きている時は平均19mL/1時間ほど分泌されていますが、睡眠時には2mL/1時間と激減してしまうため、口腔内が虫歯になりやすい状態といえます。なので、寝る前の歯磨きでは、歯ブラシの他にフロス(糸ようじ)、歯間ブラシなど歯間部の清掃や洗口剤を使用し丁寧に行うことをおすすめします。

再石灰化の促進させる力があるのが「フッ素」です。フッ素にはエナメル質を強くし、酸を作られにくくする効果があります。ですので、フッ素が配合されてる歯磨き粉を日々の口腔ケアで継続的に使用して頂くと虫歯予防に効果的です。

虫歯になりにくいお口の環境作りを目指し、日々の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

大和市 歯科 裕デンタルクリニック