歯石について

こんにちは。

歯科衛生士の城倉です。

皆さんは歯医者さんで歯のクリーニング、歯石除去をしたことがありますか?

今回はどうして歯石を除去する必要があるのかをお話ししたいと思います。

まず歯垢と歯石の違いはご存知ですか?

歯石とは歯垢が硬くなったものです。

歯磨きで磨き残した歯垢が唾液の中のミネラルと結合して、硬くなって出来ます。

歯についた歯垢はたった2日間で歯石になります。

歯と歯ぐきの境い目や、歯と歯の間にできたそれこそ石のように硬い歯石は歯磨きだけでは取り除くことができません。

「石」という字の通り歯石はとても硬く、いったんついてしまった歯石は歯ブラシでは取り除くことが出来ません。

日常の歯みがきでは完全に歯垢を除去することは難しいため、どんなに歯磨きをがんばっても歯石は少しずつついてきます。

そのまま放置すると歯石はどんどん硬く、そして増え続けます。

歯石の表面はデコボコしているために、歯垢がつきやすく、細菌の温床になるばかりでなく歯茎を刺激して、歯周病の原因となったり、歯周病を悪化させます。

次に歯垢とは、爪で歯を引っかくと白くてネバネバしたものがついてきます。これが歯垢(プラーク)です。

歯垢は食べかすや歯の垢(あか)ではなく、細菌の塊です。

1mgの歯垢にはおよそ300種類、数億~10億個!もの細菌がすみついています。

唾液の成分から薄い透明な膜がつくられ歯の表面をおおいます。この膜は病的なものではなく唾液の持つ性質で、食事によって低下するpHの変化から歯を守ろうとする役割があります。

ここに各種の細菌が付着し、さらに糖分に含まれる材料を使って歯垢となります。

歯垢中の細菌は、食物中の糖分を栄養源にして増殖を続けます。

さらに、ネバネバした物質をつくり出し歯の表面に強力に付着します。

歯垢の段階では歯磨きで取り除くことができますがやがて歯石に変化すると歯みがきでは取り除けなくなり、歯周病の原因となっていきます。

歯垢の付着を防ぐには、糖分摂取後の、口腔内のケアと食べ残しや、飲みのこしをお口の中に残さないことです。

最後に基本的な歯ブラシの当て方、動かし方をご紹介したいと思います。

バス法という磨き方で、ポイントは2つです。

1、歯ブラシの角度を斜め45°に当てます。

2、1本ずつ丁寧に、小刻みに動かします。

また歯ブラシを握るときも、強く握ってしまうと歯茎を傷つけてしまうこともあるので、鉛筆を握るように軽く握ります。

これでみなさんも毎日の歯磨きを頑張ってみて下さい。

当院では歯のクリーニング、歯石除去だけでなく、歯垢をキレイに落とすための歯磨き指導も行っています。

歯磨きでお困りのことがありましたらご気軽にご相談下さい。

大和 歯科 裕デンタルクリニック