10月

こんにちは、歯科衛生士の岡本です。

最近は雨の日が多く、寒い日が続いてますが皆さんは体調など崩されてませんか?

季節の変わり目で体調崩しやすいので体調管理気をつけなくてはいけないですね。

寒くなり水道水も冷たくなってきましたが、歯がしみるってことはありませんか?

冷水が歯にキーンとしみる、歯ブラシが触れると痛む、、などの一過性の症状がある場合は知覚過敏(象牙質知覚過敏症)の可能性があります。

そして象牙質知覚過敏症の方に多く見られるのが楔状欠損(くさびじょうけっそん)です。


楔状欠損とはエナメル質とセメント質の境目である歯頚部の歯質が過剰な咬合力によって破壊されてしまうことが原因で起きます。


その原因である咬合力は、睡眠時の歯ぎしりやくいしばりです。

睡眠時に自分の意識で歯ぎしりを止めることは出来ないので、マウスピース(ナイトガード)を使用することによって、

マウスピースが歯を守るクッションとなり、歯や顎にかかる負担を軽減してくれます。

知覚過敏でお困りの方や、歯ぎしりなどで悩まれてる方はマウスピース(ナイトガード)を作ってみてはいかがでしょうか。

大和市 歯科 裕デンタルクリニック