コピーデンチャー

こんにちは、歯科医師の江木です。

皆さんは、新しく入れ歯を作ったものの、出来上がった入れ歯は使い慣れた古い入れ歯とは厚さや形が大きく変わり、上手く飲み込めなかったり、馴染まなかったりして、結局、何かしら問題をかかえた古い入れ歯を仕方なく使用していると言った経験はありませんか?

この写真は人工歯がすり減ってしまい、うまく噛みきれなくなったが、入れ歯の形自体は物凄く気に入っており、何度か新しく入れ歯を作ったものの、結局一番お気に入りの古い入れ歯を使用していた患者さんの要望にお応えして、入れ歯の形や厚さはほとんど同じで、人工歯は新品の入れ歯に作り変えたケースです。

この患者さんは、まるで今までと同じ入れ歯を入れているかのように違和感がないと仰い、新しい入れ歯にスムーズに移行できました。

今までは作り変える事を諦めていた方も諦めずにご相談ください!